はじめに

 化学実験では、正しい化学知識を身につけるため注意深く観察し、よく考えながら実行することが必要です。
 限られた時間内で実験を失敗なくおこない、事故を起こさないよう安全におこなうにはどうすれば良いか?
 各自考えながら実験を行うようにしましょう。
注意事項

 1.その日に行う実験のテーマは必ず予習し、自分なりに理解しておくこと。

 2.実験を行ったらその様子を観察し、観察結果をノートに記入すること。

 3.実験に備え、体調を整えておくこと。

 4.実験にふさわしい服装をすること。オーバー、コートなどは脱ぎ、サンダル、ヒールの高い靴などは履き替えること。

 5.実験台の上には必要なもの以外は置かないこと。鞄、上着などは実験台の下にしまう。

 6.安全の為、白衣・眼鏡を着用すること。白衣は各自で用意、眼鏡は実験室内に用意してあるものを使っても良い。
   また、場合に応じて手袋、軍手などの着用を指示する場合がある。

 7.実験室内は飲食厳禁。

 8.実験には休まず出席すること。やむを得ない事情がある場合は早めに連絡し、指示を仰ぐこと。遅刻も厳禁。

 9.実験操作は慎重によく考えてからおこなうこと。また、自分がもしこの実験を指導する立場だったらどのような支持
   をすべ きか?どこに注意すべきか?なども考えながら実験をおこなうととても良い。

10.班で協力して実験をおこなうこと。

11.実験が終了し、帰る際には各班の実験台の周りの清掃、ガス栓の締栓、蛇口の確認をおこなってから帰ること。



TOPへ