化学実験U・環境化学実験: 高分子合成

今回の実験では、尿素樹脂・6-10ナイロンの合成を行います。


尿素樹脂合成の原料です。まずは、三角フラスコ内でホルマリンと尿素を混ぜ合わせます。

この操作はドラフト内で行います

アルミ箔の中に尿素を溶かしたホルマリンを加えます。そのアルミ箔をホットプレートで加熱しながら、濃硫酸を3滴ほど加えます。(動画)


20分ほどたつと固化してきます。冷したら取り出します。
加熱してみたり火をつけてみしてて様子を観察します。


6-10ナイロンの合成に使うA液とB液です。逆にしないこと、混同しないこと。
左:B液 右:A液


A液を入れたサンプル管にB液を同量加えます。加えるときは壁面を伝わせて加えます。(動画)


二つの液を混ぜるとこのような状態になります。


二つの液が接する面(界面)をピンセットでつまんでみましょう。(動画)
出来上がったナイロンは、試験管等に巻き取って、少量のエタノール・水の順番で洗います。
その後乾燥させれば6-10ナイロンの完成です。



今回の実験の様子へ
戻る
トップページへ